GID? MTF? 女装趣味? な男の娘による女装子の女子力UP支援!!

menu

女装子センチメンタル

上手に女装アイテムを集めるコツ

買物カート

普段男性として生活している女装子にとって、女装アイテムを集めるのは大変です。なぜなら、男性用・女性用のどちらも必要となるのですから。

衣類の一部は男女兼用とできますが、装飾品やメイク道具は女装用として用意しなければならず、おサイフに優しくないですね。女装子のみなさんはどんな工夫をしているでしょうか。

私が本格的に女装を始めたのは、学生で一人暮らしをするようになってからです。アルバイトで生活費を稼ぎながら、女装用のアイテムを買うのはとても苦労しました。現在は女装にある程度のお金を使えるようになりましたが、やはり安く抑えるに越したことはありません。そこで、こちらでは上手に女装用品を手に入れるコツを紹介します。

上手なお買い物をするコツ

1.使い回しのしやすい服を買う

インナーはもちろんのこと、トップス・ボトムスは四季の中で着回せるかどうかを基準に選びましょう。春用、秋用などと四季ごとに分けず、暖かい時期、涼しい時期のように大別して選びます。この時、季節感の強い色や柄は避けましょう。シューズも同様に、パンプスやブーティは履き回ししやすいですね。

2.四季の中旬以降を狙う

ファッション業界の商品入替え時期は結構早いです。5月頃には夏物が店頭に並び、8月頃には秋物が出てきます。そして、同時に過ぎ行く季節の衣類は在庫処分対象となり、安売り(クリアランスセール)されるのです。
とはいえ、8月ならあと2ヶ月程は夏のファッションでOKですね。すなわち、季節の中旬以降にクリアランスセールを狙うことで、格安で買い物することができるのです。特に、冬用のコートやロングブーツなど、高価な上に時期が限られるアイテムは待って買った方が良いでしょう。着られる期間は短くなりますが、来シーズンにまた活躍してもらえばいいのです。

3.通販のメリットを活かす

私は女装を始めた頃から、女装アイテムのほとんどを通販で購入しています。通販は男性でも女性物を買いやすいというだけでなく、金銭的にもお得になる要素があります。

一つ目は、お店側の人件費が節約できることから、商品の価格が元々安いこと。
二つ目は、多くのショップが会員制度を設けていること。
リアルのお店でもポイントカードはよくありますが、通販の方が管理しやすく、事前にクーポンが手に入ったりするなど、特典も多いのです。また、楽天のような大型の通販ショッピングモールでは、全体で使い回せるポイント制度や、数店舗回ることで値引きされるイベント(買物マラソン)もあります。

4.必要なものを一店舗で揃えようとしない

通販は送料や支払いの手数料が必要となるために、どうしてもひとつのお店で多くを揃えようとしてしまいがちです。しかし、そのために妥協して商品を選んでしまったり、後から他の店で「こっちの方がよかったかも」なんで思いをしやすいのです。

通販というのは、先にも述べた通り、元々リアルのお店より安いものが多いのですから、送料や手数料は必要経費であると考えましょう。安く抑えるために妥協してしこりを残すよりも、少額の上乗せで納得のいく品を手にする方が絶対良です。
一店舗で納得のできる女装アイテムを揃えることはできないので、割り切ってお店を回りましょう。買物マラソンは、まさにそのためのイベントなのかもしれませんね。

5.ポイントサイトを上手に利用する

ポイントサイトは、インターネットからの各種サービスの申し込みや、通販の斡旋所のようなサイトで、こちらを介して目的のサービスを利用することで、ポイントサイトに個別のポイントが貯まります。私がいつも利用しているのは「ハピタス」というポイントサイトで、楽天ショップでの買物前にハピタスを経由するだけでポイントが2倍貯まります。

2倍というのは、通常通り楽天ポイントはもらえて、ハピタスのポイントも別に貯まるというものです。ハピタスで貯めたポイントはギフト券やウェブマネーに換えたり、現金(銀行口座振込)にすることもできます。お金を増やすためにポイントを貯めるというよりは、落ちている小銭を拾う程度の気持ちでやればお得感UP。

また、ハピタスでは希にお得な通販情報があり、実質タダで女装アイテムを購入できたりもします。実質タダというのは、購入後に商品代金と同額のポイントがもらえるということ。有名ブランドの製品や、使ってみたら意外と~なんて品もあるので、無料なら試して損はないと思います。
ハピタスの詳しい説明・やり方はこちらの記事にて紹介しています

上手なお買い物のコツは以上となります。最後に、買い物はとても楽しいもので、ついつい時間を忘れてしまいますが、女装を楽しむ時間を減らしてしまっては本末転倒なので、程々にしておきましょう。

関連記事

FX取引