【画像】女装子のパンスト選びと脚を細く見せるウラ技

女装コラム
広告
♂

女装して分かったけど、パンストって結構奥が深いんですね。

パル美
パル美

そうだな。今回はパンストについて掘り下げてみるとしよう。

パンストってカッコ悪い?

パル美
パル美

ところで、パンストを履くことに抵抗はないかい?

♂

まぁ、生足で勝負できるなら履かなくてもいいかと。

約20年程前のこと、バブル崩壊後には『生足ブーム』という流行がありました。

当時はファッションモデルや芸能人が生足をアピールし、若い女性の間では「パンスト(ストッキング)なんてオバサンっぽくてダサい」というイメージが蔓延していました。

その後、ガングロブームや美白ブームとあって、しばらく若い女性がプライベートでストッキングを履いている光景は稀という時代が続いていました。

しかし、近年、ムダ毛やアザを隠せる、脚を引き締めてくれる、日焼け防止になるなど、手軽に美脚が手に入るという理由から、ストッキングが若い女性にも見直されているようです。

♂

確かに最近は10~20代くらいの女性もよく履いている姿を見かけますね。

パル美
パル美

どこ見てんのよ…


そんなわけで、「パンストはカッコ悪い」というイメージはなくなりつつあり、「パンストを履きたい」という女性が増えているとさえ言われています。

パル美
パル美

”パンスト履いたら負け” とか思ってなかった?


また、この兆候により、女装子も堂々とパンストを履いて出歩けるようになりました。

もう “パンストを履かなければ見せられない脚” なんて心疾しさを感じる必要なんてないのです。

♂

若い女の子がパンスト履いているのは心強いかも!

パンストは筋肉質なふくらはぎや太もも、骨ばった膝などを目立ちにくくしてくれますし、色やデニールで脚を細く美しく見せられます。

パンストをもっと知って、あなたも美脚を作っていきませんか。

パンストの構造の特徴

構造面から自分に合うパンストを選びましょう。

つま先

パンストはソックスと違って腰まで引き上げて履くもの。つま先(トゥ)に負荷が集中してしまうので、つま先部分が補強されているタイプがあります。

特にオフィスで履かれることを想定したプレーンパンストは、つま先部分が厚い繊維で編まれていて、一日中歩き回っても破れにくいです。


一方、つま先部分が厚くなっていないヌードトゥというタイプもあり、こちらはつま先の開いたシューズを履くときに便利です。

明るい色のヌードトゥパンストなら生足のようにも見えますし、ペディキュアも見せることもできます。

パンティ部分

パンティストッキングのパンティ部分の構造にも種類があり、ひとつはガーター部(太股の付け根あたり)で切り替えがあり、編み方が厚くなっているもの。

こちらはサポート感が強く、ズレ落ちしにくい安定感があります。女装子にはちょっと窮屈に感じられるかもしれません。


もうひとつ、ウエスト部分まで切り替えのないオールスルーのタイプがあります。

こちらは局部の安定感は下がりますが、履いていることを忘れるくらい優しいフィット感です。太ももの切り替えしがないので、ショートパンツやミニスカートでも安心!

マチ

マチは股の部分に宛がわれた布のことで、マチがあると局部やおしりのフィット感が高くなります。

お好みですが、女装子的にはマチがあった方が安定するかと思います。

デニール

ストッキングはナイロン系の繊維で編まれています。非常に薄い履き物で、その厚さはあまり気にされないかもしれませんが、繊維の太さによって厚さが分けられています。

繊維の太さはデニールという単位で表され、普通のストッキングは10~15デニール程度。25デニールからはタイツの区分けとなります。

なお、多くのストッキングには何デニールかの表記はありません。おそらくストッキングが防寒用ではなく、脚を綺麗に見せるアイテムであるため、デニール値は重要ではないということでしょう。

20デニールくらいの保湿ストッキングにはデニール表記がありますので、暖かいストッキングをお求めの場合にはデニール値を意識して選びましょう。

着圧

脚の引き締めが強いサポートタイプがいいかどうか。お肉のたるみが気になるなら着圧の強いパンストを試してみるといいでしょう。

引き締め具合はhPa(ヘクトパスカル)という単位で表されています。足首 > ふくらはぎ > 太もも の順でhPa値が高く、20hPaともなると履くのに苦労するレベルでキツいです。

なお、サポートタイプでない場合は特に着圧やhPaの表記が無い場合がほとんどです。

パンストで脚を細く見せる方法

パンストをはじめ、レッグウェアを上手に履けば脚を細く見せることも可能です。

色選び

美脚には色が特に重要です。

白は膨張色と呼ばれ、輪郭がぼわっとして大きく見えてしまう傾向があります。そのため、白や白に近いベージュ系のストッキングは、あまり脚を細く見せるのに向いていません。

※ATSUGIさんのASTIGUのカラーチャート


反対に、黒や暗めの色は引き締めて見せる視覚効果があります。輪郭がはっきりとしていて、中心に向けて明るくなっていくコントラストが脚を細く見せるのです。

パル美
パル美

ちなみに、水着でも同じような見せ方が有名だ。

♂

白なら胸やお尻をボリュームアップできるわけですね。

脚に自信がある方はベージュ系で自然に見せてもいいですし、細く見せたい方はブラウン系やブラック系で引き締め感を出しましょう。

とりあえず私の脚で試してみます。まずはベージュ。

女装パンスト脚ベージュ
女装パンスト脚ベージュ

次にブラウン。

女装パンスト脚ブラウン
女装パンスト脚ブラウン

そしてブラック。

女装パンスト脚ブラック
女装パンスト脚ブラック

色が濃くなるにつれて引き締まって見えたかと思います。

しかし、濃い色のパンストは陰影をくっきり見せるため、骨や筋肉の凹凸を目立たせてしまう場合があります。

事実、写真の通り、ベージュよりブラックの方が膝の骨が目立ってしまっていますよね。

そんなわけで、自分に合った濃さは実際に履いてみて探っていく必要があります。私の場合はブラウン系が無難な感じですかね。


写真で私が履いているパンストはグンゼさんのSABURINA(サブリナ)プロポーションです。肌触りが良く、程よい着圧で履き心地バツグン。プレーンのパンストでは一番オススメです。

柄選び

アニマル柄や花柄のパンストなど様々ありますが、ダイヤやストライプといった縦長の柄でも脚を細長く見せる視覚効果があります。

柄物はちょっと履くのに勇気がいるかもしれませんが、ダイヤ柄ならよく見かけるのでイケるでしょ?

光沢

生足に寄せた目立たないパンストで美脚を作るスタイルが主流となっていますが、光沢の強いパンストで目立たせていく方法もあります。

まさにレースクイーンがそんな感じで、煌めくラインが一本入るだけで美脚効果は絶大です。


以上、パンスト選びの際は『濃いめの色・縦長調の柄・光沢』の要素を意識してみてください。きっと細くて綺麗な脚に近づけると思いますよ。

♂

BBD(ブライト・ブラック・ダイヤ)が最強ということか。

パル美
パル美

あとは多少ヒールのあるシューズに合わせることね。

パンストコラム

伝線

パンストは伝線という傷み方をします。伸縮性の高い繊維を使っているため、切れた繊維は一気に縮み、一直線上に傷みが広がります。

伝線した黒パンスト脚

とても繊細なので、ちょっとしたダメージにも気をつける必要があります。履く時も爪で破いてしまわないよう、ささくれ等はケアし、爪を立てないようにして履きましょう。


なお、その傷みやすさ故、デイリー用のパンストは消耗品としての認識が一般的となっています。

実際、日常的にパンストを着用される方は、10足1000円といった安価なものを履かれていたりします。

有名ブランドのパンストは一足500円以上する高級品ですので、使用頻度に合わせてパンストのグレードも気にした方がいいのかもしれません。

パル美
パル美

最近の高いパンストは、伝線せずにちょっと綻ぶ程度で済むやつも多い。

♂

高い分長持ちするって見方もあるんですね。

パンストのお手入れ

パンストは一日履いたら結構な量の汗を吸っていますので、一回履いたら洗いましょう。

洗う時は洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うか、手でもみ洗いしましょう。そのまま洗濯機に入れるとボロボロになってしまいます。

洗った後はしっかり脱水し、ウエスト部分を上にして洗濯バサミで吊るして干しましょう。薄いので部屋干しでもすぐに乾き、嫌なニオイも残りません。

パンストの重ね履き

防寒対策として、ストッキング+タイツの組み合わせをされる方は多いのではないでしょうか。

その他、着圧の強いパンストの代わりに、普通のパンストを重ね履きして引き締める方法もあります。※男性器の圧迫には注意してくださいね。

私の場合は、下に明るい色のパンストを履いてベースを作り、上から好みの色を履くようにしています。

こうすると上から履いたパンストの色合いが良くなりますし、骨や筋肉のラインもある程度は誤魔化せます。

♂

化粧みたいですね。

パル美
パル美

そう、パンストは脚のお化粧と言ってもいいね!


実際、脚用のファンデーションなるものがあります。その名もエアーストッキング。

スプレータイプで脚に吹き付けるだけ。毛穴やアザも隠せるスグレモノ。

パンツにもパンスト

パンストは脚を出す時に限ったものではありません。パンツスタイルでもパンストは履けばいいのです。

肌と生地の摩擦が高いデニムパンツは、パンストを履くことで肌の擦れが軽減されて動きやすくなります。

また、涼しい時期には防寒としての効果がいくらかありますし、暖かい時期は汗を吸収してサラサラ感を保ってくれます。

男性用ストッキング

余談ですが、最後に男性用のストッキングを紹介します。

♂

弾性ストッキング?

医療用の血行を良くする着圧の高い『弾性ストッキング』というのもあります。

パル美
パル美

じゃなくて、こんなやつ。

♂

ええ…
マネキンさん…

パル美
パル美

一体どんな層に向けた製品なのか不明だな。

パンストをズラさなくても用を足すことができるそうで、アダルトグッズというわけでもなさそうです。

女装子は女性用を身に着けたいはずですから、パンストの肌触りがお好きなメンズが買うのでしょうか。


♂

何か色々とためになった気がする…

パル美
パル美

みなさんもパンスト美脚を作ってね!

パンスト以外のレッグウェアも楽しいので、いろいろ試してみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました