女装男子が教えるパンスト選びと脚を細く見せるウラ技

ファッション
♂

脚をもっとキレイに見せられたらいいんだけどなぁ…

パル美
パル美

それなら、パンストなど履いてみてはどうかな?

この記事を読むメリット
  • あなたに合ったパンストの選び方がわかります。
  • あなたも脚を細く綺麗に見せられるようになります。

パンストってカッコ悪い?

パル美
パル美

ところで、パンストを履くことに抵抗はないかい?

♂

まぁ、生足で勝負できるなら履かなくてもいいかと。

パル美
パル美

小話入ります。

生脚ブーム

今から20年程前のこと、バブル崩壊後に『生脚ブーム』という流行があったことをご存知でしょうか。

当時はファッションモデルや芸能人が生脚を推していて、「生脚の方がカッコイイ、パンスト(ストッキング)なんてオバサンっぽくてダサい」といったイメージが蔓延していました。

そのため、数年間はビジネスシーン以外でパンストを履く女性は稀という時代が続きました。

再評価されるパンスト

生脚ブームで一時は敬遠されていたパンストですが、近年は再評価の傾向にあります。

ムダ毛やアザを隠せる、脚を細く引き締めてくれる、日焼け防止になるなど、手軽に美脚効果が得られるという観点から、パンストを支持する女性が増えているようなのです。

♂

確かに最近は10~20代くらいの女性もよく履いている姿を見かけますね。

パル美
パル美

どこ見てんのよ…

女装男子もパンストを履けばいい

そんなわけで、令和となった現在「パンストはカッコ悪い」というイメージはありません。女性方が履いているのですから、女装男子も気兼ねなくパンストを履けばいいのです。

パル美
パル美

『パンスト履いたら負け』とか思ってなかった?

パンストは筋肉質なふくらはぎや太もも、骨ばった膝などの目立ちを抑えてくれますし、色・柄で脚を細く美しく見せることもできます。

パンストをもっとよく知って、あなたも美脚になりましょう。

女装男子のパンストの選び方

パンスト(パンティストッキング)の種類は豊富です。

リアルで下着コーナーを見ればわかると思いますが、パンストは各ブランドが多様なコンセプトで展開していて、色まで含めると数百点にも及びます。

これだけ種類があると選びきれないと思いますので、パンスト選びのポイントをご紹介します。ちょっと多いですが、ポイントは以下の6点です。

パンスト選びのポイント
・パンティ部分
・マチ
・つま先
・デニール
・着圧
・色

パンティ部分

パンストはパンティ部分の構造に種類があります。

パンティ部補強タイプ

ひとつはガーター部(太股の付け根あたり)から編み方が分厚く切り替わっているもの。

こちらはフィット感が高く、ズレ落ちしにくい安定感があります。

しかし、女装男子にはちょっと窮屈に感じられるかもしれません。その場合は以下のスルータイプを選びましょう。

パンティ部スルータイプ

もうひとつは、ウエスト部分まで切り替えのないスルータイプです。

履いていることを忘れるくらい優しいフィット感なので、局部をゆったりさせたい方はスルータイプにするといいでしょう。

また、ガーター部分の切り替えしがないため、ショートパンツやミニスカートを履く場合もこちらがおすすめです。

マチ

マチは股の部分に宛がわれた布のことで、マチがあると『蟻の門渡り』部分のフィット感が高くなります。

女装男子的にはマチ有りの方が局部に余裕があって楽ですよ。

つま先

パンストは、つま先部分(トゥ)の構造にも種類があります。

つま先補強タイプ

ビジネスシーンにおいては、パンストを履いて一日中歩き回ることも想定されますよね。

そのため、プレーンなパンストには、つま先部分が破れないように補強されているものが多くあります。

たくさん歩かれる方、つま先の開いていない靴に合わせる場合は、つま先補強タイプを選ぶといいでしょう。

つま先ヌードタイプ

つま先部分が分厚くなっていないヌードタイプもあります。これならサンダル等のつま先が開いた靴でも、生足のように見せることができます。

また、パンストは履きたいけど、足のネイルも見せたいという時にもOKです。

デニール

パンストを始めとしたレッグウェアはナイロン系の繊維で編まれています。その繊維の太さは『デニール』という単位で表され、デニール値によって様々な違いがあります。

デニールと名称

まず、デニール値によってレッグウェア自体の名称が変わります。

デニールとレッグウェアの名称
・25デニール未満 → ストッキング(パンスト)
・25デニール以上 → タイツ

デニールと色合い

デニールの値が大きくなるほど肌の透け感が小さくなります。

そのため、肌の透け具合を気にされる場合は、デニール値も意識しておきましょう。特に暗めの色は差がわかりやすいです。

パンストを履いた女装男子1
15デニールのパンスト
パンストを履いた女装男子2
25デニールのシアータイツ
シアータイツ
パンストとタイツの境界付近(20~40デニール)のレッグウェアをシアータイツと呼ぶこともあります。程よい温かさと透け具合が特徴で、近年注目が高まってきています。

デニールと保温性

デニール値が高くなるほど保温性が高くなり、温かみを感じられます。

しかし、一般的なパンスト(10~15デニール)は美脚を目的としたものなので、防寒性はかなり低いです。

もし、防寒しつつ美脚も意識されるのであれば、20デニール付近の温かいパンストか、シアータイツを選ぶといいでしょう。

着圧

脚のお肉のたるみが気になる方は『着圧』を意識して選びましょう。

着圧とは引き締め具合のことで、脚のお肉を圧して細くする効果を指します。

圧着の高いパンストは、足の疲れの軽減や、むくみの解消にも影響するので、ビジネスシーンやたくさん歩かれる方にもおすすめです。

パンストの着圧
パンストの着圧はhPa(ヘクトパスカル)という単位で表されます。

引き締め具合は『足首 > ふくらはぎ > 太もも』の順にhPa値が高く、20hPaともなると履くのに苦労するほどキツいです。

なお、引き締めの強いパンストには『サポートタイプ』『着圧タイプ』といった表記がありますので、よく確認しておきましょう。

パンストの色

パンストは色によって見え方が大きく変わりますので、特に意識する必要があります。

まず、脚が細い方にはベージュ系の色をおすすめします。パンストを履いていないくらい自然な見え方にできれば最高ですからね。

※ATSUGIさんのASTIGUのカラーチャート

なお、ベージュ系のパンストを選ぶ際は以下の点を心に留めておいてください。

白っぽい色は細く見えない

白は膨張色とも呼ばれ、輪郭がぼわっと大きく見えてしまう傾向にあります。

そのため、白や白に近いベージュ系のパンストは、あまり脚を細く見せるのに向いていないのです。

パル美
パル美

ちなみに、水着でも同じような見え方が有名です。

♂

白いビキニはボリュームアップして見えるってやつですね。

黒っぽい色は引き締まって見える

反対に、黒や暗めの茶色は引き締まって見える効果があります。

『くっきりした輪郭で、中心に向けて明るくなる』このコントラストが脚を細く見せてくれるので、脚の太さが気になるという方は黒系のパンストがおすすめです。

なお、単純に黒い服を着れば身体も締まって見えるので、パンスト以外でも、黒を基調としたファッションは女装男子の体型をカバーするのに向いています。

パンストの色を履き比べる

とりあえず私の脚で履き比べてみます。

まずはベージュ。

ベージュパンストを履いた女装男子1
ベージュパンストを履いた女装男子2
パンストを履いた女装男子

次にブラウン。

ブラウンパンストを履いた女装男子1
ブラウンパンストを履いた女装男子2

そしてブラック。

黒ストを履いた女装男子1
黒ストを履いた女装男子2

どうですか? 色が暗くなるにつれて引き締まって見えますよね。

暗めの色は陰影が目立つ

暗めのパンストは脚を引き締めてくれましたが、いいことばかりではありません。

暗い色は陰影をくっきり見せるため、骨や筋肉の凹凸を目立たせてしまうのです。事実、私の写真の通り、色が暗くなるにつれて膝付近の凹凸が目立っていますよね。

そのため、脚の太い方は黒を履けばOKという単純なものでもないのです。「細く見せたいけど、脚の陰影は目立たせたくない」そんな方はブラウン系を試してみましょう。

おすすめのパンスト

以上より、何を基準にパンストを選べばいいか見えてきたと思います。

しかし、パンストメーカーはたくさんあるため、あなたの条件に合うパンストも少なくはないでしょう。

なので、迷った方は以下の2ブランドから選んでみてください。

【グンゼ】SABRINA(サブリナ)シリーズ

SABRINAは下着メーカーの老舗=グンゼさんのパンストブランドです。

SABRINAシリーズは私が試したパンストの中で一番の履き心地で、長年愛用しています。色ムラもなく、程よく効いたサポート感は脚を軽くしてくれます。

【アツギ】ASTIGU(アスティーグ)シリーズ

もう一点は、レッグウェアで有名なアツギさんのパンストブランド=ASTIGUです。

ASTIGUは様々なコンセプトで10種以上展開されていますので、ASTIGUの中だけでもマッチしたパンストが見つかると思いますよ。

中でも特に私が気に入っているのが『魅』です。オールスルータイプでは最高の素肌感で、履いていることを忘れるほど。

色については、まずはベージュ系・ブラウン系・ブラック系を一足ずつ買ってみて、自分の脚が綺麗に見える色を探るといいでしょう。

パンストで脚を細く見せる方法

以下の3つのポイントを抑えてパンストを選ぶことで、脚を細く綺麗に見せることができます。

脚を細く綺麗に見せるパンスト選び
・色
・柄
・光沢

色については先述の通り。脚を細く見せたければ、まずは黒系の色を選びましょう。

柄物のパンストにはダイヤ・ストライプなどの縦長をイメージしたデザインもあり、この縦長のラインに脚を細長く見せる効果があるのです。

柄物を履くのはちょっと勇気がいるかもしれませんが、ダイヤ・ストライプは人気の高い柄です。目立ちすぎるということもないと思いますよ。

光沢

光沢も美脚に大きく係ります。

レースクイーンやコンパニオンの方は細くて綺麗な脚をしていらっしゃいますよね。そのような方々は光沢の強いパンストを履いていることが多いので、機会があれば注意して見てください。

脚の中央に煌めくラインが一本入るだけで美脚効果は絶大です。

柄物のパンストが難しいという方は、光沢の強いパンストを試してみてはいかがでしょうか。


以上、美脚を意識するなら『黒・縦長調の柄・光沢』を意識してパンストを選んでみてください。きっと細くて綺麗な脚に近づけると思いますよ。

パル美
パル美

ヒールの高い靴に合わせると最高です。

パンストコラム

ここからは、知っておくと捗るパンスト情報をお届けします。

伝線

パンストは『伝線』と呼ばれる傷み方をします。伸縮性の高い繊維を使っているため、切れた繊維が一気に縮み、一直線上に傷みが広がるのです。

伝線した黒パンスト脚

パンストは繊細なので、爪・ささくれ等が引っかからないようにケアしておきましょう。また、履く時は爪を立てないように優しくたくし上げましょう。

パル美
パル美

ちょっとお高いパンストなら、伝線せずに綻ぶ程度で済むものもあります。

パンストのお手入れ

パンストは結構な量の汗を吸っていますので、一日履いたら洗いましょう。

洗う時は洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うか、手で揉み洗いしましょう。そのまま洗濯機に入れるとボロボロになります。

洗った後はしっかり脱水し、ウエスト部分を上にして吊るして干しましょう。薄いので部屋干しでもすぐに乾き、嫌なニオイも残りません。

パンストの重ね履き

防寒対策として、パンストを2枚重ねて履いたり、パンストの上にタイツを履くという方は結構いるようです。

また、我流ですが、下にベージュのパンストを履いてベースを作り、上から好みの色を履くという方法もあります。

この方法をとれば、上に履いたパンストの色合いが良くなり、骨や筋肉のラインも目立ちにくくすることができますよ。

♂

化粧みたいですね。

パル美
パル美

そう、パンストは脚のお化粧と言ってもいいね!

エアーストッキング

実際に、脚用のファンデーションのような製品は存在します。その名もエアーストッキング。 15年くらい前にちょっと話題になりました。

スプレータイプで脚に吹き付けるだけ。毛穴やアザも隠せるスグレモノです。

パンツにもパンスト

パンストは脚を出す時に限ったものではありません。パンツスタイルでもパンストは活躍します。

涼しい時期には多少の保温効果がありますし、暖かい時期は汗を吸収してサラサラ感を保ってくれます。

また、肌と生地の摩擦が高いデニムパンツなどは、パンストを履くことで肌の擦れが軽減されて動きやすくなりますよ。


♂

これで僕も美脚になれる気がしてきた。

パル美
パル美

あなたもパンストで美脚になりましょう。


パンスト以外のレッグウェアも楽しいので、いろいろ試してみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました