女装男子のウィッグ完全マニュアル

ファッション
♂

女装のウィッグはどんな髪型にしようかな。髪伸ばしたことないし…

パル美
パル美

今回はウィッグについて幅広く見ていきましょう。


『髪は女の命』というフレーズの通り、髪は女性の印象を大きく左右する要素です。

これは女装においても同様であり、ウィッグは女装で一番重要大事と言ってもいい部分なので、一層気合を入れて選びましょう。

初回で失敗しないウィッグ選びのポイント

ウィッグは髪型・髪色を自由に選べるので、地毛では難しいヘアースタイルも簡単に実現することができます。

しかし、何でもできるが故に失敗もしやすいので、以下の点に注意して選んでみてください。

初めてのウィッグは冒険しすぎないこと

私が初めて買ったウィッグは金髪ロングの縦ウェーブでした。

パル美
パル美

小話入ります。

今の私ならまず選びませんが、その時はウィッグショップのモデルさんがすごく似合っていたので、「私もこんな感じになりたい!」って衝動的に買ってしまったのです。

しかし、当然そんな髪型が一般男性に似合うはずもなく、出来上がったのは ”会社の飲み会で雑な女装をさせられた新入社員” のような典型的女装男でした。

雑な女装の男性

この失敗に学ぶことは、冒険しすぎないことです。

いろんなデザインのウィッグに目移りしてしまうとは思いますが、外で奇抜なヘアスタイルの女性はあまり見かけませんよね。

そのため、初めて買うウィッグは自然な色で、クセの少ないものを選びましょう。

ウィッグの価格と質について

ウィッグは3,000円程度のものから数万円するものまで幅広いグレードがあり、人口毛で機械植えのウィッグはお求めやすく、人毛や手植えになると1万円を超えてきます。

どれくらいのグレードを選べばよいかという点についてですが、費用を抑えたい場合や、自分に似合うヘアスタイルを確かめたい方は、数千円で買えるウィッグをお勧めします。

高価なウィッグは地毛のような髪質や自然な毛の生え方となっているため、女装のクオリティを求めるのであれば、初めから高価なウィッグを買ってもいいと思います。

迷ったら黒~茶系のロングストレート

どんなウィッグがいいか決めきれない方は、とりあえず黒か茶系のロングストレートを選びましょう。

定番のヘアスタイルなので大きくハズすことはないと思います。なお、真っ黒よりは、少し茶色味がかった黒の方が明るく見えていい感じです。

おすすめのウィッグ通販ショップ

私がよく利用するウィッグのおすすめショップをご紹介します。

低価格から高品質なウィッグまで揃っているので、初めての方も慣れた方も選びやすいと思います。

ウィッグ・エクステ@Linea-Storia
可愛い系から綺麗系まで、清楚な感じの女装を目指すならとりあえずこのお店。種類も豊富なので、初めての女装からベテランの方まで幅広い需要に適応できると思います。

ウィッグ・エクステ WigInBloom
大人っぽい女性に仕上げたい方におすすめ。顔の彫りが深いモデルさんが多いので、男性でも着用時のイメージが浮かびやすいお店です。

ウィッグのヘアースタイル

それでは、具体的なヘアースタイルを見ていきましょう。

あなたの女装の完成像を思い浮かべながら選んで行ってくださいね。

ロング(ストレート)

『迷ったらコレ!』の定番ヘアースタイル。可愛い系から綺麗系まで幅広く通用する上、ロングストレートなら清楚な感じも引き立てることができます。

顔のタイプでは、大体どんな顔立ちの方にも合いますが、特に面長の方や顎のシャープな方にはロングがおすすめです。

また、ポニーテールやお団子などのアレンジもしやすい万能の髪型なので、ロングは1つ持っておきたいところです。


なお、鎖骨より下くらいまでの長さはセミロングとも呼ばれ、少し軽さが出てきます。ロングではちょっと重たい感じがするという方はセミロングにするとちょうどいいかもしれません。


逆に、腰の上あたりまで長いスーパーロングと呼ばれる長さもあります。背の高さを気にされる方にはスーパーロングが一つの解決策となるかもしれませんね。

ミディアム・ミドル

女性の髪形で最も多いのがこのミディアムヘアと言われています。

肩~鎖骨ラインのミディアムは、長すぎず、短かすぎないバランスの良いヘアースタイルで、大人っぽい落ち着いた雰囲気が出せます。

ちょっとしたアレンジもしやすい長さなので、ロングが重たく感じる方にはちょうど良いヘアースタイルかと思います。

ウェーブ

ウェーブは清楚な雰囲気ながらも、上品な印象を与えるアレンジヘアースタイルです。

長めのヘアースタイルを検討されている方で、”ストレートは少しお堅い感じが気になる” という方はウェーブのアレンジが施されたウィッグを選択肢に入れてみてはいかがでしょう。

ボブ

ボブは主にミディアムくらいの長さで、サイドに丸みを持たせたヘアースタイルです。なお、長さに応じてショートボブ・ミディアムボブ・ロングボブ(ロブ)と呼ぶこともあります。

ボブは幅広い世代に人気で、ふんわりしたボブは可愛くフレッシュな感じに、重量感のあるボブは大人っぽくも若々しい雰囲気を出すことができます。

アレンジ次第で様々な顔のタイプに合わせられるので、少しくらいは遊びが欲しいという方はボブ系で選ぶといいと思います。

ショート

ショートはボーイッシュでオトナ女子といったイメージのヘアースタイルです。

シンプルで顔の見える面積が広いため、そこそこハードルの高い髪型とも言えますね。

首の細い方や顎のラインがすっきりしている方、目元・鼻立ちがはっきりとしている方はショートが似合うと思います。

また、中性的なファッションを目指す方にもショートやショートボブがおすすめです。

ウィッグのカラー

続いてヘアカラーについて見てみましょう。

同じヘアースタイルでも髪の色が違うだけで見た目の印象は大きく変わってきますので、こちらも慎重に検討してくださいね。

ブラック~ダークブラウン系

ブラック~ダークブラウン系の濃い色は、尖りのない自然な装いに向いています。

清楚系・お姉さん系にも定番の色である他、大抵の方は合うと思いますので、迷ったらこのあたりの色を選びましょう。

ライトブラウン系

可愛い系や透明感を意識した女装を目指すなら、明るめの色を選ぶと映えるでしょう。

なお、その分求められるメイクや着こなしのレベルが高くなることは押さえておいてくださいね。

アッシュ系・ゴールド系

ビジュアルやメイクに自信のある方はアッシュ系やゴールド系で攻めてみるのもアリです。

しかし、あまり強すぎる色は女装感・コスプレ感が出てしまうこともあるので注意しましょう。

ウィッグの着け方(被り方)

ウィッグを購入した方は着用方法も確認しておいてください。

ウィッグを着ける時は地毛の上から直に被るのではなく、ウィッグネットを使います

ウィッグネットはウィッグ本体を買うと付属していることが多いので、買う時にチェックしておきましょう。

ウィッグネット

ウィッグネットを使うことで、ウィッグがズレにくくなるだけでなく、ウィッグと地毛が混ざって見えるのを防ぐことができます。

ウィッグネットの着け方は、地毛をオールバック状態にするように髪をネット内に収めます。

その際、髪の長い方はヘアゴムで留めるなどして、うなじの辺りに収める形となります。

ウィッグネットを着けた女装男子

この上からウィッグのおでこ側を引っかけるようにして被れば完成です。

ウィッグを着けた女装男子

ウィッグのお手入れ

ウィッグは人間の髪や頭皮のように臭ったりベタつくことはありませんが、何もケアせずに放っておくと傷んでしまいます。

しかし、人の髪と同じようにケアするのはNGなので、ウィッグの正しい手入れ方法をご紹介します。

なお、ウィッグの手入れや保管に使う小物はウィッグショップで買えます。ウィッグと一緒に買うと安くなったりする場合もあるので、忘れずチェックしておきましょう。

ウィッグのデイリーケア

ウィッグケアミスト

まずは日々のケアとして専用のミストを使ってブラッシングします。

ミストを全体に満遍なく吹き付けて、軽くブラシを通すだけでOKです。ブラシは女性向けのものがなければ、ウィッグ用にひとつ買っておくことをお勧めします。

ケアのタイミングは、ウィッグの使用前・使用後と、使わない時でも週一回程度は行いましょう。

ウィッグを洗う

ウィッグは頭皮の汗や皮脂によって汚れたり臭ったりしますので、適宜洗ってあげる必要があります。

洗うタイミングの目安としては、1日中着用してたくさん汗をかいた日はその日に、短時間の着用なら5~7回程度で洗うといいでしょう。※季節や頭の蒸れ具合によって調整してください。

大抵のウィッグは普段使っているシャンプーで洗えますが、ウィッグ専用シャンプーを推奨されているものはその指示に従ってください。

洗い方は、洗面器に貯めた水にシャンプーを溶かし、ウィッグを浸して揉み洗いします。

その後、何度か水を替えてしっかり濯ぎ、よく水気を切ります。

コンディショナーやトリートメントも同様に行います。

ウィッグを乾かす

洗ったウィッグはタオルに挟み、残った水分を吸い取らせます。

その後はウィッグスタンドやハンガーにかけ、陰干しで自然乾燥させましょう。

ウィッグの毛は熱に弱いので、天日干しやドライヤーの使用はNGです。

傷んだウィッグへの対処

ケアを怠ったウィッグはこんな風になってしまいます。

傷んだウィッグ1
傷んだウィッグ2

毛先が絡み合ってかなりひどい状態です。

こうなってしまった場合、まずは毛先の方からブラシでとかしてみましょう。

引っかかる部分は櫛の持ち手のような細いもので解き、徐々にブラシを入れる位置を上げていきます。

どうしても絡みが解けない部分は思い切ってカットします。少しのカットなら不自然なほどかわることはありません。

では、先ほどの傷んだウィッグを手入れした結果をご覧ください。

手入れした後のウィッグ1
手入れした後のウィッグ2

毛先の細かな乱れは残っていますが、ブラシが通るまで回復しました。まだ使えるコンディションです。

ウィッグの寿命

ウィッグは丁寧に扱っていても痛みが修復されることはありません。手入れはあくまで長持ちさせるためのもので、いずれは寿命が訪れます。

ウィッグの寿命は使用頻度や扱い方に依存する形となりますが、目安として以下の状態まで使い込んだら買い替えましょう。

  • 毛のほつれ・傷みでボサボサになる
  • キャップ部分が見えるほどの抜け毛がある
  • アジャスターゴムが緩んで頭部にフィットしなくなる

ウィッグの保管方法

最期にウィッグの保管方法をご紹介します。適当に放っておくと痛みや型崩れの原因となりますので、正しく保管するようにしましょう。

ウィッグスタンド

一番良いのはウィッグスタンドを使うことです。ウィッグスタンドがあれば型崩れや毛が絡むことも少なくなります。

ウィッグスタンド1
ウィッグスタンド2

ウィッグをスタンドに被せたら、ビニール服をを被せたり、クローゼットに入れるなどしてホコリが付くのを防ぎましょう。

ウィッグポーチ

ウィッグスタンドがない場合や、目立たないように保管したい方はウィッグポーチを使いましょう。

ジッパー付きの袋に入れて空気を抜き、できるだけ型崩れしないようにふんわりとポーチに入れて保管します。

ウィッグの保管
ウィッグポーチ

ちなみにポーチはウィッグ専用でなくても問題ありません。また、ウィッグを買う時に特典としてもらえるお店もありますので確認しておきましょう。


以上でウィッグの解説は終わりです。

あなたはまだウィッグを手にされていないかもしれませんが、実際にウィッグ着けると一気に世界が変わります。

女装が一層楽しくなりますので、じっくり慎重に選んでくださいね。

そして、ウィッグを購入した後はしっかりとケアして、必要な時に使えるようにしておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました